シミュレータ(SX2)活用のススメ

このページについて

ここではMHF-Gにおいて装備を作成する際に必須とされるシミュレーション。それを補助するための超有用ソフトMHSX2の使い方をレクチャーしていきます。

シミュ起動まで

本体のダウンロード

MHFGをやっている人でも「パソコン関係はさっぱり」という人もわりと少なくないと思います。 ですので、難しいことはカットして、まずひとまず動く事、と更新の仕方をざっくりと説明します。

まずはシミュレーター本体をご自身のパソコンにダウンロードしなければなりません。
最新版はSX2開発最新dat(びゅわ置き場様)の記事から最新本体を探してダウンロードするのが一番よいのですが・・・

そういうのも「もう分かんないよぉ」って人のために、サーバに2016年8月現在の動作するSX2一式をUPしておきましたので下のリンククリックでダウンロードできます。
  • SX2本体【2016年8月】

  • ダウンロードしたフォルダは「圧縮」された状態ですので、そのままではソフトが起動できません。
    ダウンロードしたフォルダ(本リンクの場合:20160816)を右クリックして「すべて展開」(PCによって異なりますが”展開”という項目)を押して圧縮を解除しましょう。


    一回起動してお気に入りをしたなど、条件にもよりますが、上記のようなフォルダ内容になっています。
    これで、金バケツのアイコンである「MHSX2G.exe」をダブルクリックするとシミュレーターが起動できます。

    設定・機能説明

    それでは金バケツのアイコンをダブルクリックしてSX2を起動して設定していきましょう。


    【1.性別と職業】
    まずは画面左上から性別と職業を設定しましょう。

    ※画面左上

    これは起動するたびにあわせないといけません。
    性別はシミュ自体に影響があまりありませんが、男女で防具の名前が違うものがあります。(コラボ系など特に)
    生産や検索時に「あれ?」と混乱してしまう可能性があるので合わせておきましょう。

    職業はシミュするにあたって必須となります。
    ここでガンナーor剣士によって検索する種別が変わってしまうので間違わないようにしましょう。


    【2.レア度・防御幅・ランク】
    続いて職業の右側にある防具のレア度・防御・ランクの設定をしましょう。
    ここは基本的には起動したままの状態(※すべての防具が該当する範囲)に設定しておきましょう。
    GSRの上限を499などにすると、そのランクまでに手に入るものだけでシミュすることが可能となります。

    ※基本すべての防具の条件を満たすように設定


    【3.その他の検索条件】
    この項目は チェックボックスに チェックが入ったとき、事前に設定していた条件をもとに検索してくれます。
    具合例として、「ガンナー装備なので始種防具を1部位いれたシミュをしたい」という前提で設定をしていきましょう。


    まず その他の条件指定の編集ボタンをクリックします。

    設定用のウィンドウが表示されます。
    右側の追加ボタン(図赤枠)をクリックして条件を入力していきます。

    今回はガンナーシミュで必須となる、始種防具を1種類以上含むを設定します。
    追加を押したあとは”防具の種類”を選択して 条件のところで「始種防具」を選択しましょう。
    そして部位数のところに必要数を入力します。
    ガンナーの場合は11スキル(G防具3部位)構成が主流ですので、この場合「1以上2以下に設定しましょう。



    設定が完了したら「OK」を押しましょう。
    今設定した内容が保存されます。
    作成した条件がリストとして表示されて、チェックボックス(下図の赤丸)にチェックがついているものの条件を満たす検索をしてくれるようになります。



    そのほかにも、遷悠防具の効果(遷悠スキル)をどこか1部位いれてシミュしたい!といった場合などでも条件を作ることができます。

    回避性能(ナルガ)を取り入れたい場合には回避性能を選択し1部位以上5部位以下に設定しましょう。
    ※  注意  ※
    ここで遷悠防具は1部位あればいいからと言って1部位以上1部位以下の設定をしてしまうと、「ナルガ2部位なら組めるのに」検索にひっかからないという状況が生まれてしまします。

    もちろん、チェックボックスを付けはずしすることで条件を変更できますので、よく使う条件は事前にいくつか登録しておいて、シミュにあわせて下図の赤枠のように必要な条件を設定しましょう。



    【4.検索範囲:指定除外】
    検索条件の設定の次は、2行目の検索範囲の設定を行います。
    この項目では、防具・スキル・装飾品などに検索範囲を設けることができます。



    ここでもチェックボックスを使う事で指定した範囲を手軽に解除して検索も可能です。
    ※設定した範囲を有効にする場合には必ずチェックを入れておきましょう。

    まず指定アイテム除外の編集をクリックします。
     ※指定スキル除外をクリックしても同じです。

    この項目では、
    持っていない・入手できない 防具・装飾品・スキルカフをシミュ検索対象から除外することができます。

    青枠:シミュ検索に含まれるリストです。
    赤枠:シミュ検索から除外されるリストです。
    緑枠:選択した防具を、左右の矢印で許可・除外リストにそれぞれ移行させます。
    黄枠:名前などから検索します。

    初期段階では青枠側にすべての防具・装飾品・スキルカフなどが表示されています。
    そこで、パッケなどの課金防具や、イベントでしか手に入らない防具などや、見た目が嫌い!などなど・・・。様々な理由でシミュ検索へ使用したくない防具を左側の青枠で選択し、中央緑枠の→(右矢印)をクリックすると左側の赤枠である除外リストへ移行できます。
    除外リストに含まれた防具や装飾品などは、シミュ検索の対象から除外されます。

    黄色枠に名前を入力するとこで表示される防具を絞り込む事ができますので、黄色枠の検索機能を使用しながら除外リストを作成しましょう。
    一度除外リストに入れても、中央緑枠の左向きの矢印を使う事で、除外リストから戻すことも可能です。

    【5.検索範囲:分類除外】
    次は検索条件の分類除外を行います。

    前述の指定除外は、装飾品や防具を1部位づつ 固有ごとに除外することができました。
    今回の分類除外は「ある程度まとまった範囲で一気に除外してしまう」というものです。
    例えば、
     ネカフェ関係の防具を一括除外   などです。


    編集を押すと、上図のような分類リストが表示されます。
    例えば、課金の項目の「パッケ」のチェックをはずすと、パッケージ販売防具をすべて除外した検索が実行されます。

    スキル・カフの選択

    自分にあった条件の設定が完了したら、いよいよシミュレーションのためにスキルを設定していきます。

    スキルの設定

    まずは画面左側から作りたいスキルセットを作っていきます。


    スキルは分類毎に格納されており、スキル名ではなくスキル値名で表示されます。
    (”ブチギレ”ではなく”怒”など)


    必要なスキルを追加していって、作成したい防具のスキルセットを組み立てましょう。


    よく使うスキルセットは登録を行う事で、ワンタッチで呼び出せるようになります。

    分かりやすい名前を付けて保存をしておくことで、次回から、スキルリストの一番上にある「スキルセット」の下に表示されます。


    カフ利用・武器スロの設定

    スキル設定が完了したら、今度は検索に関してスキルカフなどの設定をしていきます。
    画面右側にある「固定防具」の欄にある「装備編集」をクリックすると編集画面を開けます。


    画面中央にある装備タブの中から、「プーギー服」を選択してカフを設定しましょう。


    自分で使用可能なプーギー服を選択(ダブルクリック)して装備させます。
    これにより、固定装備の欄に、プーギー服がセットされ、カフを検索に含む事ができます。


    武器スロットを使用したシミュをしたい場合などでも、武器タブから使用するスロット数を選択してダブルクリックして装備させる事で、武器スロット数を加味したシミュを行う事ができます。


    設定が終わったら、右下の「OK」を押して元の画面へ戻ります。



    あとは検索開始を押せば設定した条件で自動検索が始まります。

    しかし、それでは時間がいくらあっても足りません!!

    上手なシミュとは。

    ここからは、時間のかかるシミュをうまく活用する方法。
    SX2を使った様々な検索機能。
    他人のシミュを取り込んで、自分用にカスタマイズする方法。
    などの小ネタを紹介していきます。


    装備やカフを固定しよう。

    ここまでのやり方でシミュをしても5部位+カフの大量にある装備とさらに大量の装飾品から組み合わせを検索するわけですから、様々なパターンのシミュをしようと思うと途方もない時間がかかってしまいます。
    そこで検索をするにあたって、防具で使う部位をいくつか固定 or カフを固定することで検索時間を短くする事を意識しましょう。

    SX2画面の右側にある固有装備欄で編集をクリックしましょう。


    ここではプーギー服などを設定しましたが、防具や装飾品なども固定してシミュすることができます。


    プーギー服や武器スロットで使用した装備タブで、防具を選択したい箇所のタブ(頭部~脚部のどれか)へ切り替えます。
    ここに表示される防具をダブルクリックすることで、先ほどのプーギー服のように装備を固定した状態でシミュすることができます。


    上記画像は、チアリムGPヘッドを固定した状態です。
    この状態で検索を開始すると、チアリムGPヘッドを使用して残りの胴~脚の4部位とカフ・装飾品でシミュ検索を実施できます。
    スキルカフも同様にカフのタブから選択して固定することができます。
    ※カフは先にプーギー服のタブで、カフにあった服(課金or非課金)を装備させる必要がありますので注意してください。

    これを活用して「この頭防具かわいいから使いたい」など見た目にこだわったシミュを行う事ができます。

    防具・装飾品の検索

    装備をシミュする際や固定の際に、さまざまな条件で防具や装飾品を探す・知りたいといった場面がでてきます。
    その検索方法について、少し触れていきます。

    【1.名称検索】
    固定装備の編集画面では、右上に名称検索の窓が存在ます。

    この窓に名前の一部を入力しエンターを押すと、その名称検索に対する結果が下の装備タブに表示されます。
    使用したい防具や装飾品・カフがある場合は、名称検索を行いましょう。

    ※男女で装備名称が違うものがあるので初期設定の性別・職業に注意しましょう。

    【2.スキル値検索】
    また、通常なにも検索してない状態だと「評価値」の順番で表示されます。
    この評価値は、シミュ前に設定したスキルセットによって決定されます。
    スキルセットは、固定装備の編集画面でも左側に表示され、検索として活用する場合「編集ボタン」(図中:赤枠)で追加・削除できます。

    青枠の and /orは、防具の持ってるスキル条件を変更できます。
    ■orにチェックを入れていると、チェックの入ったスキルの「どれか」を持っている防具を表示します。
    ■andにチェックが入っていると、チェックの入ったスキルを「すべて」持っている防具を表示します。

    緑枠のチェックボックスによってスキル検索の対象を簡単につけはずしできます。



    上記状態で表示すると、下記のような並びになります。
    デフォルトでは赤枠の評価値順に並んでいます。
    除外リストの設定で禁止している防具は「評価値32 シウスヘッド」のようにグレーアウトした形で表示されます。
    ※グレーアウトしていてもダブルクリックして強制的に固定装備に加えると意図的に含んでシミュすることは可能です。

    緑枠以降は、防具のもつスキルが表示されてますが、先ほどの検索対象に含まれるスキルは青色で表示されます。


    例えば、スキル値のチェックボックスを下記のように設定し、orで検索してみましょう。
    すると、チェックの入った剛撃・纏雷・巧撃のどれかのスキル値をもつものを表示しれくれます。
    もちろん防具だけでなく、タブ切り替えで装飾品やカフも検索されますので、作成の手助けにしましょう。



    また検索結果は、各種別ごとに並び替えることができます。
    例えばスキル値検索後に、「分類」をクリックすると分類毎に並び替えることができます。
    よって、「検索したスキル値に対する始種防具が知りたい」などで活用できます。

    とりあえず1か所固定するというときに、単純に評価値で固定するのも良いですが、評価値はあくまで含まれるスキル値が多いことが評価になります。
    したがって、評価値は低くてもほかの防具には無い組み合わせを持っている防具でないとシミュが完成しなかったりなどします。

    ですので、単純に評価値を妄信しないようにしましょう。


    装飾品の固定

    単純にシミュをしたものを作るだけじゃなく、持ってる装飾品を流用して作りたいなどや、レイレスなど今もっている装飾品が限られるなどの場合、装飾品のみ固定してシミュすることもできます。
    まずは防具の名称検索で「スロ」と検索します。

    するとスロット用の仮装備というものがでてきます。
    これを装備することで、シミュレータは装備は空っぽとして検索してくれますが、装飾品を設定することができます。



    無駄に装飾品を作るだけでなく、計画的に流用できるシミュも上手にこなせるようになりましょう。

    ネット・他人のシミュを流用する。

    今までの設定からわかるように、シミュは自分のMHFの環境にあわせて行われています。
    ですので、ネットのシミュが自分に絶対に合ってるとは言い切れません。あなたが持っている装備を使えばもっと楽にシミュが完成したりもあり得るのです。
    または、このシミュの腕の課金防具だけ持ってない!イベント珠だけがない!など、そのまま流用できないシミュもネットにはあると思います。

    シミュを参考にしたいけど、ちょっとカスタマイズしたい人はシミュレーターに差し込む事ができます。

    1.データをコピーする
    ネットなどで公開されているSX2のシミュを見つけたら、任意の範囲を選択しコピーします。
    「MHSX2G 装備クリップ」で始まる部分から発動スキルを含む全てを選択しコピーします。


    2.シミュレータ(MHSX2)を起動
    シミュレータ(MHSX2)を起動し、装備編集画面へ移動します。
    ※画面赤矢印部をクリック


    3.貼り付け
    「クリップ読み込み」を押して装備を読み込みます。
    ※画面矢印部をクリック


    4.シミュる
    あとは普段使ってるように、珠を何個か抜いてシミュしたり、装備を1箇所変えてシミュしたりすることで自分用にカスタマイズできます。
    ※必要スキルセットはコピーできないため、装備・装飾品を抜いてシミュする場合、手動で設定が必要です。